GLOBAL FESTA JAPAN 2018は終了しました。

活動報告テント

活動報告A 9/29(土)

活動報告日時 団体名称 活動報告 タイトル 活動報告 発表内容
10:30-11:30 国境なき医師団日本 救える命、誇れる仲間。
それを支える自分がいる。チーム国境なき医師団。
経験豊富な海外派遣スタッフと日本の事務局職員が、国境なき医師団の医療・人道援助活動の現場について報告しつつ、海外に派遣されるための採用基準や応募方法などについてお話しします。
12:00-13:00 JICA 国際協力人材部 JICA×開発コンサルタント 「国際協力に関心はあるけれど…」「国際協力って難しそう…」と思っているそこのあなた! 政府開発援助(ODA)のプロジェクトはどのように進められているのか!? JICAと開発コンサルタントの役割をコミカルな寸劇・パネルディスカッションで分かりやすくお伝えします。現役JICA職員に直接質問も出来ます。この貴重な機会をお見逃しなく!
13:15-14:00 JICA 農村開発部・人間開発部(栄養タスク) 日本初!? のニュートリソン 
~栄養豊富なあなたのアイデア、海を渡る
ニュートリション(栄養)×アイデアソン(アイデア×マラソンの造語)=ニュートリソン! 世界では8億人もの人々が栄養不良といわれる一方で、食べすぎや肥満が先進国のみでなく発展途上国でも問題になっています。生きるために欠かせない食事と栄養、あなたの経験・アイデアが栄養改善のヒントになるかも!?
14:15-15:00 JICA アフリカ部 カラフルなアフリカに会いに行こう! アフリカ大陸には54もの国があり、それぞれの魅力を放っています!アフリカが今、どんな課題を抱え、JICAはどのように関係しているのか?留学生と実際に話し、色々な顔をもつアフリカに出会ってみませんか?
15:00-17:00 外務省人事課 外務省の仕事、外交官という職業~国際協力の視点から

活動報告A 9/30(日)

活動報告日時 団体名称 活動報告 タイトル 活動報告 発表内容
10:30-11:30 国際協同組合年記念協同組合全国協議会(IYC記念全国協議会) 日本の協同組合による国際協力活動の取組み 日本の様々な分野の協同組合より、国際協力活動およびSDGsの取組みについて、ご紹介します。
11:45-12:45 ラリグラス・ジャパン 南アジアの人身売買
~被害に遭った少女たちを救う活動の現場から
年間数千人のネパールの少女がインドの売春宿に売られ、劣悪な環境下で強制的に働かされています。当会は、現地NGOとともに人身売買被害者の救出・保護し、少女たちの新たな人生を創る活動を行っています。
13:00-13:45 JICA 人間開発部 幸せなお産が世界を変える! 世界では1日約38万人の赤ちゃんが誕生しています。JICAは誰もが安心して安全で快適なお産ができるよう、過去8か国でプロジェクトを行いました。その取り組みを紹介しつつ、演じて再現します。安全で快適なお産とは何か。きっと、新しい発見があるはず。
14:00-14:45 JICA 国際緊急援助隊事務局 緊急出動!Japan Disaster Relief team の活躍 2017年メキシコ地震に対する「救助チーム」と、今年5月にコンゴ民主共和国で感染が確認されたエボラ出血熱に対する「感染症対策チーム」の活動について、実際に派遣された隊員が、現地での具体的な活動や直面した困難などを報告します。
15:15-16:15 GLM Institute 国際協力を目指す若者へ!
国際協力NGOでインターンする意味とは…?
インターンやスタディツアーへの参加を通じた、個人のその後のキャリアへの影響や変化を考察することで、グローバルに活躍出来る人材や能力とは何かディスカッションを行います。(学生インターンによる企画)




活動報告B 9/29(土)

活動報告日時 団体名称 活動報告 タイトル 活動報告 発表内容
11:15-11:45 NICE(日本国際ワークキャンプセンター) 国際ボランティア経験者による経験談 
~実際の様子ってどう?~
NICEの国際ワークキャンプ(多国籍なメンバーと共に合宿型で行うボランティア)に参加した経験者が、実際の生活・ボランティアの様子・メンバー・コミュニケーション…などなど気になることをお話します。少しでも興味のある方は是非お越しください♪
12:00-12:30 マンフィーと青年基金 (一社 peace seed) マンフィーと青年基金NGO
7年間の歩み
2011年に新宿を拠点に募金活動を開始して7年目となります。西アフリカガーナのウコランサを中心に貧しい子供たちの為に教育、保健衛生、物資支援活動を行ってまいりました。2017年に小学校一階部分のみ開校するに至りました。まだなお学校建設途中。独自の教育指導を展開中。
12:45-13:15 ヤマハ発動機株式会社 「きれいな水を供給する浄水装置」「障がい者をサポートする電動車いす」 「水が変われば、暮らしが変わる-水事情に恵まれない地域にきれいな水を供給する浄水装置に関する取組み」「障がい者の社会進出-車いす生活を電気の力でサポートする電動・電動アシストユニットに関する取組み」
13:30-14:00 わぴねす インドハンセン病問題 私たちは、社会から差別・排斥されたハンセン病コロニーの人々が抱える諸問題を解決するために、ワークキャンプ事業、就労支援事業、教育事業を行っています。中でも今回はワークキャンプに焦点を当ててお話します。 
14:15-14:45 城西国際大学 
国際開発研究会
私たちが取り組む学生主体の国際協力活動と海外研修(ベトナム) 私たちは、国際協力についての勉強会やボランティア活動を行う学生団体です。これまで取り組んできた活動を紹介するとともに、そこから学んだ事などについて報告します。また、ベトナムや様々な国で体験し学んだことについても発表します。会場でお待ちしております!!
15:00-15:30 ピースウィンズ・ジャパン PWJ、国内外での挑戦について 国際協力NGOによる国内外緊急支援、海外復旧・復興・開発支援、犬の殺処分ゼロ事業、地域再生事業におけるチャレンジ
15:45-16:15 エイズ孤児支援NGO・PLAS エイズ孤児支援NGO・PLASって?
〜インターン生の声と共に〜
エイズ孤児支援NGO・PLASの成り立ち・国内外で行っている活動をお伝えします!さらに、PLASインターン生数名による報告コーナーも!彼らがPLASで学んだこと・活動経験談など...普段聞けない情報をお届けします。
16:30-17:00 ジュマ・ネット ジュマ民族~危機に瀕したバングラデシュの先住民族 バングラデシュ南東部のチッタゴン丘陵でモンゴロイド系の11の先住民族が独自の文化を守ってきた。仏教を信じ、豚肉と焼酎を嗜むジュマ人は軍に迫害され、ベンガル人イスラム教徒に土地を奪われてきた。和平協定の行方は?

活動報告B 9/30(日)

活動報告日時 団体名称 活動報告 タイトル 活動報告 発表内容
10:30-11:30 北朝鮮難民救援基金 北朝鮮難民(脱北者)はどう立ち上がったのか かつて北朝鮮への「帰還事業」でおよそ10万人の在日朝鮮人と日本人配偶者らが北朝鮮に渡った。今回、宣伝されて渡った「地上の楽園」から脱出し、現在日本で暮らす家族が、その苦闘と哀歓を語る。
11:45-12:15 拓殖大学国際学部 大学における国際協の事例と制度的サポートの仕組み 拓殖大学国際学部の途上国における国際協力活動を紹介するとともに、そのような活動を可能にしているカリキュラム(英語、第二外国語)や単位認定の仕組みを解説する。
12:30-13:00 株式会社日本フードエコロジーセンター 『食品ロスに、新たな価値を』
~日本フードエコロジーセンターの取り組み~
日本フードエコロジーセンターでは、余ってしまった食品を飼料化という形でリサイクルしています。廃棄される食品の有効利用として国際的にも高く評価されている取り組みを、食品ロスの現状とともに分かりやすくご紹介します。
13:15-13:45 ヤマハ発動機株式会社 「きれいな水を供給する浄水装置」「障がい者をサポートする電動車いす」 「水が変われば、暮らしが変わる-水事情に恵まれない地域にきれいな水を供給する浄水装置に関する取組み」「障がい者の社会進出-車いす生活を電気の力でサポートする電動・電動アシストユニットに関する取組み」
14:00-14:30 HURRAYERS エチオピア活動報告
〜ハムリンフィスチュラ病院を訪れて〜
チアリーディングを通じて、エチオピアのフィスチュラ患者の方に元気と勇気と笑顔を届けたい!!この想いから今年の8月エチオピアに訪れました。エチオピアってどんな国!?フィスチュラってなに?訪問先のハムリンフィスチュラ病院ってどんなところ!?ゲストの方と共に、これらをみなさまにギュッとお伝え致します!!
14:45-15:15 モルドバ共和国大使館
/ Embassy of the Republic of Moldova
15:30-16:30 日韓アジア基金・日本 教科書があるって当たり前?
〜カンボジアの小学校を訪問して〜
ポルポト政権の爪跡が今だに残るカンボジアでは、多くの学校で教科書が足りません。日本人であれば、当たり前に使う教科書。カンボジア訪問記を通して、子供たちの今を伝えながら、”学ぶ”ことの大切さを一緒に考えていきたいと思います。




活動報告C 9/29(土)

活動報告日時 団体名称 活動報告 タイトル 活動報告 発表内容
11:15-12:15 ヒマラヤ保全協会 生きつづけるヒマラヤの村~生活林を育てる ヒマラヤ保全協会のメイン事業であるネパール・ヒマラヤでの植林プロジェクトによる山村の持続可能な生活の創出、生活向上プロジェクトとして村の女性たちによる織物や手すき紙事業支援について詳しくお話します。
12:30-13:00 FGM廃絶を支援する女たちの会(WAAF) FGM(女性性器切除)の廃絶に向けて 現在アフリカをはじめ、世界で2億人以上が受けているというFGM(女性性器切除)。女児・女性の心身を傷つけるこの慣習と長年にわたる廃絶運動について、人体模型などを使いながら解説します。
13:15-13:45 アフリカと神戸俊平友の会 東アフリカ(ケニア)の環境と野生動物最新事情について 未だ治まらない象の密猟、象牙の密輸、保護繁殖を目的としたサイの国立公園移動作戦、国立公園に建設中の鉄道による野生動物の繁殖障害への影響など、環境保全より開発が優先されるケニアの現状について報告します。
14:00-14:30 ピースボート 平和の文化をつくりながら、地球一周の船旅にでませんか? ピースボートは国連のSDGs公式パートナーとして世界一周クルーズを通じ、平和、気候変動、海洋保護、などのテーマに取り組んでいます。 活動内容を紹介しながら、このような国際交流に参加する方法もお知らせします。
14:45-15:15 ジャパンハート あなたの力を必要としています!
ジャパンハートの医療支援 災害ボランティア
私たちは災害時にボランティアを派遣し医療支援を行っています。ボランティアは事前に研修を受講された方のみで構成されており、このブースでは、研修制度についてご紹介しております。被災地で困っている方の力になりませんか。
15:30-16:00 LOOB JAPAN NPO LOOB【ごみ山×フィリピン×フェアトレード=?】 『一方的な支援でなく、現地の人と共に学び成長する』をモットーに行われている、LOOBの活動報告。私達のプログラムや、現地から届くカラフルなフェアトレードグッズをご紹介します。

活動報告C 9/30(日)

活動報告日時 団体名称 活動報告 タイトル 活動報告 発表内容
10:30-11:00 Bandu ethical+plus タイクロントイスラムのビーズ工房での経験 Bandu ethical+plusの活動を通して出会ったクロントイスラムのビーズ工房で起きたこと、現状、そしてこれからの展望についてお伝えします。
11:15-12:15 ミレニアム・プロミス・ジャパン MPJ Youth 2018年度マラウイ研修報告会 The Warm Heart of Africaと呼ばれる小さな農業国、マラウイ。平和で人は穏やかだが、最貧国として様々な課題に直面している。大学・学部で異なる参加者それぞれの視点から、マラウイで学んだことを報告する。
12:30-13:00 環境修復保全機構 (1)緑の国際ボランティア研修(タイ国)
(2)たい肥をつかって地球温暖化防止!
(1)国際緑化活動の重要性について理解を深めることを目的として8月にタイ国で開催した「緑の国際ボランティア研修」についてお話します
(2)たい肥をつくって土に投入することで誰にでもできる地球温暖化防止への取り組みについてお話します
13:15-14:15 AMDA社会開発機構(AMDA-MINDS) 今すぐできる、ずっとできる国際協力、ここにあります。 大小さまざまな国際協力よもやま話をご紹介します。「なーんだ、こんなカタチの国際協力もあるんだ!」と驚きの発見があるかもしれません。NGOで働きたい、インターンとして参加したいという方にもおススメです。
14:30-15:00 アフリカ開発協会 What we do! 一般社団法人アフリカ開発協会(AFRECO)の学生委員会である私たちアフレコスが、上智大学を初めとする様々な大学の学生を集め、アフリカと日本の架け橋になるべく行ってる活動をお伝えします!
15:15-15:45 World Theater Project 学生がカンボジアの小学校で映画上映!
スタディツアー活動報告
NPO法人World Theater Projectの学生組織「WTP Youth」のメンバー向けスタディツアーが、今夏実施されました。実際にカンボジアへ行った学生が、現地で映画上映を行う仕組みと、初めて映画を観た子どもたちの反応をご報告します。
16:00-17:00 ジャカルタ・ジャパン・ネットワーク おかげさまで20年。ジャカルタで頑張っています!! たまたま住んだインドネシア・ジャカルタ。駐在員の妻たちが展開する、現地の困難な状況に暮らす子ども達への支援活動。今年で20年目です。専門家ではない一市民の国際支援を報告します。




活動報告D 9/29(土)

活動報告日時 団体名称 活動報告 タイトル 活動報告 発表内容
10:30-11:30 プラン・インターナショナル・ジャパン 「女性性器切除から女の子を守る」
~エチオピアで出会った女の子たち~
エチオピアで長年行われている習慣「女性性器切除」から女の子を守るための活動について、実際に活動に参加している女の子たちや女性の声を中心に報告します。
11:45-12:45 アジア福祉教育財団 難民事業本部 「日本の難民受入れとこれからを考える」 難民理解講座として、映像を交えながら、日本の難民受入れの歴史や、難民事業本部が行う難民への定住支援についてご紹介します。
13:00-14:00 外務省地球規模課題総括課 SDGs及びマルチな国際課題における日本の取組
14:15-15:15 パレスチナ子どものキャンペーン パレスチナ・ガザとレバノンで懸命に生きる女性たち 戦争、封鎖、避難先での差別や貧困。苦境の中でも、子どもや家族のために毎日を懸命に生きている女性たちがいます。パレスチナ・ガザやレバノンの難民キャンプでの暮らしや支援活動について、最新映像を交えて報告します。
15:30-16:30 プロジェクトアブロード プロジェクトアブロード体験者発表会 プロジェクトアブロードのご紹介および活動内容のご説明と共に、過去に参加いただいた体験者によるご自身の経験をQ&Aセッション形式で語っていただきます。奮ってご参加ください。

活動報告D 9/30(日)

活動報告日時 団体名称 活動報告 タイトル 活動報告 発表内容
10:30-11:30 ヨルダンネットワーク/シリア支援団体 サダーカ ヨルダンに逃れたシリア難民の生活実態と難民支援活動の報告 今年8月にヨルダンを訪問し、シリア難民の家庭や難民支援活動をしている現地NGOを訪問しました。そこで分かったシリア難民の現状や彼らの求める支援ニーズ、また支援をする側の現状や課題などを報告します。
11:45-12:45 NPO法人ジュレー・ラダック 環境に優しい持続可能な地域社会の創造に向けた活動 NPO法人ジュレー・ラダックの支援先であるインド・ラダック。ヒマラヤ山脈に囲まれた厳しい環境の中、自然とともに生きてきた人々の文化を通し、持続可能な発展について考えるための場の提供と支援に関する報告
13:00-14:00 日本エスペラント協会 エスペラント語で広がる世界:
①ベトナムより②『九月、東京の路上で』を翻訳
①国際語エスペラント?ー誤解から始まったベトナム人女子留学生(元)が語る幸せ物語(通訳付)②『九月、東京の路上でー1923年関東大震災ジェノサイドの残響』をエスペラント訳した若手作家の思いとは。
14:30-15:00 レインボー国際協会 インドのカルカッタで貧困層の子供達の自立支援をしています! 急激な経済発展を遂げるインドですが、その影で貧困やカースト差別に苦しむ人々が今尚多勢います。親の養育を受けられない子供達に生活費や教育費を送り、自立支援を行っている本会の活動の様子を報告いたします。
15:15-16:15 アライアンス・フォーラム財団 人々が幸せで豊かな社会とは?
日本的経営理念に基づく事業開発
持続的な栄養改善と健康増進のモデル形成をアフリカとアジアで実施中。過去に、市場調査、パイロット実施、民間企業連携、政策制度デザインを実施。社会の仕組みから変革を目指す、これまでの活動を御報告します。
16:30-17:00 フリー・ザ・チルドレン・ジャパン 世界の変化はきみの変化から。
はじめよう、あなたにできること
現在45カ国以上の国で370万人の子ども・若者が活動する世界一大きな社会貢献組織、フリー・ザ・チルドレン。当時12歳のクレイグ少年が新聞記事をきっかけにクラスの友人に活動を呼びかけたのが団体のスタートでした。これまでの活動やメンバーのアクション、そしてアクションのヒントをご紹介します。




活動報告E 9/29(土)

活動報告日時 団体名称 活動報告 タイトル 活動報告 発表内容
10:30-11:30 国立国際医療研究センター(NCGM) 国際医療協力局 SDGsは仕事と暮らしと遊びを一つにするか? 過去20年プライマリヘルスケアの視点から東南アジアのHIV対策に従事してきた演者のパーソナルストーリーをもとに、SDGsが私たちの仕事と暮らしと遊びのあり方を変える可能性について考えます。 
11:45-12:15 世界知的所有権機関(WIPO)日本事務所 知的財産の大切さと世界知的所有権機関(WIPO)の活動 知的財産を扱う国連の専門機関であるWIPOは、知的財産に関わる条約、国際出願制度などを管理しつつ、様々な国際協力を行っています。活動報告では、主に、WIPOが行っております国際協力についてご紹介します。
12:30-13:00 日本赤十字社 バングラデシュ避難民×赤十字×レジリエンス レジリエンスという言葉をご存じでしょうか?赤十字がバングラデシュで取り組んでいること―それは、ミャンマー・ラカイン州での大規模な武力衝突によって逃れた人々の、レジリエンス(回復力)を高めること。
14:00-14:30 WE LTD. バルカン半島「ヨーロッパの火薬庫」から「ヨーロッパのパラダイス」へ 紛争のイメージの強いバルカン半島の「今」を伝えることにより、多くの人びとが訪れたくなる魅力を紹介する。
14:45-15:45 ハビタット・フォー・ヒューマニティ・ジャパン 大学生が取り組む国際協力
~海外で家を建て、私たちが築いたものは~
海外ボランティアに関心はあるけど、その一歩を踏み出せない、そんな思いを抱く学生の皆さんに向けて、大学生が一歩を踏み出し、海外で貧困世帯の家族と共に家を建てたボランティア活動経験をお話します。
16:00-16:30 AFS日本協会 アクティブな平和市民ってどんな人? AFSは世界規模でアクティブな平和市民を育むために、教育機関の国際化、異文化理解教育の普及に長年取り組んで参りました。基幹事業の高校生の交換留学プログラムに携わる現役ボランティアのパネルディスカッションで本当の平和市民について語ります。

活動報告E 9/30(日)

活動報告日時 団体名称 活動報告 タイトル 活動報告 発表内容
10:30-11:00 YOU&MEファミリー 「教育こそが、未来をつくる」YOU&ME10年間の歩み・現状・展望 YOU&MEファミリーは、この小さな教育の取り組みが世界の明日を変えると信じ、10年間活動してきました。バングラデシュ人と日本人で作った学校の誕生、日本からの支援活動、将来の目標などについて話します。
11:15-11:45 青年海外協力隊ネパール会 100の民族の暮らす国・ネパールで過ごした環境教育隊員の2年間 環境教育の青年海外協力隊員としてネパールで活動した高校教諭の報告。啓発活動、教材紹介、トレーニングから見えたこと。世界に共通する「住み続けられるまちづくり」を考えるキーワード・民族共生社会について。
12:00-12:30 My TEDORI,My AFRICA チャレンジ!! マラウイの人々に寄りそって 
~エイズ治療と出生届プログラム~
イタリアのカトリック在家運動体・聖エジディオ共同体と東京の在家仏教団体・立正佼成会のフレンドシップ事業です。アフリカのマラウイを中心としたHIV/エイズ治療と出生届プログラムの取り組みやその課題についてご紹介します。
12:45-13:15 PALETTE ソーシャルビジネスで語学留学?インターン?
体験者が語ります!
Paletteでは貧困地区の若者に対して英語教師になるためのスキル教育を行なっています。その一環として語学学校をフィリピンで運営しています。説明会では現地に留学・インターンとして渡航したPalette youth東京代表が現地での活動内容について本音で語ります。
14:15-14:45 国際開発救援財団 / FIDR カンボジア・ベトナム スタディーツアー報告 FIDRのボランティアグループ「One Action with FIDR」の有志メンバー5名が、8月にカンボジアとベトナムの事業地を訪問しました。その時に感じたこと、体験したこと、日本の皆さんにお伝えしたいことをメインにご報告します。
15:00-16:00 広島平和構築人材育成センター(HPC) 「平和構築」ってなんだろう?
ーピースビルダーを育てる研修―
聞きなれない「平和構築」について、11年間ピースビルダーを世界に送り出し、バックアップしてきた広島平和構築人材育成センターの視点で説明します。永続的な平和のための社会的基盤を作る活動としての平和構築は本当に幅広い能力をいかして活躍できる分野です。ぜひお越しください!
16:15-16:45 ASHINAGA アフリカの持続可能な開発のための教育とリーダーシップ 政治や経済だけではなく、リーダーは様々な分野に必要です。アフリカの持続的な開発に貢献するリーダー育成するため、あしなが育英会はアフリカの遺児の世界中の大学への進学を支援しています。留学で得た経験や知識をもとに、様々な形で母国の発展に貢献できる国際的リーダーを育成しています。




参加型ワークショップ① 9/29(土)

活動報告日時 団体名称 活動報告 タイトル 活動報告 発表内容
10:30-11:30 アジアの女性と子どもネットワーク 獅子舞inタイ 伝統文化継承×地域の誇りの再認識を促す交流事業 宮城県女川町で、お祭りの際に町を練り歩き無病息災、豊漁を願う伝統を継いできた女川熊野神社氏子の獅子舞「まむし」が、タイ北部の山地民の村々を訪れたツアーの報告会です!伝統的な暮らしの一方でその継承に課題を抱える村との交流について報告します。
11:30-12:30 特定非営利活動法人 開発教育協会 ミニワークショップ 開発教育を体験してみよう! 開発教育協会(DEAR)の教材を使ったワークショップを通して、「開発教育」をわかりやすくご紹介します。内容は当日のお楽しみ!初心者OK、子どもから大人まで、開発教育・国際協力に興味のある方はぜひお気軽にご参加ください。
12:30-13:30 獨協大学経済学部高安健一ゼミナール 「噛む」から始める肥満予防!
タイと日本を繋ぐ咀嚼育ワークショップ
みなさん、ごはんはよく噛んで食べていますか?健康と深い関わりの持つ咀嚼。私達はタイの肥満問題を解決するべく、現地の子供達に咀嚼教育を行いました。この機会にみなさんも自分の咀嚼力を確かめてみませんか。
13:30-14:30 サラヤ / Saraya Co., Ltd. その手、本当にきれいかな?
正しい手洗いのやり方を学ぼう!
手洗いに正しい順序があるのを知っていますか?手洗いは衛生の基本であり、細菌からの感染を防ぐのにとても大切です。普段の手洗いでどれだけ汚れが落とせているか確認した後、実際に正しい手洗いを体験して頂きます。
14:30-15:30 ジャカルタ・ジャパン・ネットワーク インドネシア語の絵本を作ろう!! インドネシアの貧困地区や農村地区の子どもたちは、絵本を手に取る機会が少ないです。日本の絵本に、翻訳したインドネシア語を張り付けて届けています。一緒に、インドネシア語の絵本を作りましょう!!
15:30-16:30 CIESF 「πはなぜ3.14なのか?」解明しよう 国境なき教師団として活動していた先生が、カンボジアでの活動の様子をお話しします。また現地で実際に教材作りの方法を、参加者の皆さんと一緒に体験します。

参加型ワークショップ① 9/30(日)

活動報告日時 団体名称 活動報告 タイトル 活動報告 発表内容
11:30-12:30 地球の友と歩む会/LIFE 民族衣装にチャレンジ!
~スンバ島民の生活を知ろう!~
①支援地域に関するクイズ
クイズに挑戦して支援地域の実情を知ろう!
②現地の伝統衣装と楽器
民族衣装を着て打楽器ゴンをみんなで叩こう!
インドネシアのスンバ島で25年ほど支援しています。活動内容や現地の文化に楽しく触れて見ませんか?※対象年齢:小学校高学年以上
12:30-13:30 アフリカ理解プロジェクト AFRICA RIKAI PROJECT 途上国でハンドメイド商品をつくるみんなのアイデアが商品に!? 特産品のコーヒー豆を使った「ハンドメイド商品の開発支援プロジェクト」のお話をします。そのあとで、1.新商品を考える 2.商品をつくる、という体験をします。みなさんのアイデアが、エチオピアで生産者を貧困から救うかもしれません。ぜひご参加ください。
13:30-14:30 HURRAYERS いつでも誰でも誰かのチアリーダー!
みんなの思いを届けよう!
チアリーディングとは想いを込めて応援する思いやりのスポーツです。ポンポンストラップ作りを通して、チアスピリットを体験し、その想いを込めたストラップを大切な方に届けよう!
14:30-15:30 アライアンス・フォーラム財団 栄養改善サバイバーからの体験レポとビジネス構想プロセス ラテン、アフリカ、アジアを巡る日本人栄養士の日常体験レポと、世界の”栄養不良課題”を解決する事業化プロセスを知り、世界中の社会課題を一緒に考える場にしたいと思います。
15:30-16:30 ウォーターエイドジャパン 途上国の水と衛生について考える参加型ワークショップ 言うまでもなく、水は私たちの生活には欠かせないものです。途上国で水と衛生の支援に取り組むウォーターエイドと一緒に、水のない生活とはどんなものか、参加型ワークショップを通して改めて考えてみませんか。




参加型ワークショップ② 9/29(土)

活動報告日時 団体名称 活動報告 タイトル 活動報告 発表内容
10:30-11:30 エイズ孤児支援NGO・PLAS 体験!エイズ孤児が生きる世界 エイズ孤児とはエイズで親を亡くした子どもたち。エイズ孤児って何で問題なの?アフリカって遠いけど、エイズ孤児のためにできることは?など、、体験を通じて多くを発見していただけるワークショップです!
11:30-12:30 パルシック フェアトレード商品を使ったアレンジレシピのご紹介
~コーヒーアフォガード~
専修大学神原ゼミナールが(特活)パルシックの活動内容を通し、クイズなどを取り入れながらフェアトレードとは?についてお話します。東ティモールのフェアトレードコーヒーを活用したアレンジレシピもご紹介!
12:30-13:30 国際開発救援財団 / FIDR カンボジアのごみ問題について考えるワークショップ プラスチックごみ問題が注目される今日。今年の夏、FIDRの事業地のひとつであるカンボジアを訪れたインターン生やボランティアの皆さんがみた現場の実際について知り、私たちができることを一緒に考えてみませんか。
13:30-14:30 ソーラーネット 太陽電池を手作りしよう☀ 『太陽電池』を作ってみましょう!セルに電極リボンをハンダ付けして連結させ、テスターを使って発電していることを確かめます。お作りいただいた太陽電池は後日弊会事務局でラミネート加工し、ネパール・ムスレ村での支援活動に使います。
14:30-15:30 シェア=国際保健協力市民の会 シェア国際保健協力市民の会 保健教育劇 
「なぜシコはおなかをいたがるの」
いつも元気いっぱいのシコ君。でも今日はなんだかお腹が痛くて苦しそう。ヘルスセンターに行ってみるとなんとお腹の中に虫がいるみたい!!シコ君どうしたんだろう。
この劇は実際に東ティモールで行われている保健教育活動の1つです。劇を通して、楽しく衛生や予防について考えてみませんか。

参加型ワークショップ② 9/30(日)

活動報告日時 団体名称 活動報告 タイトル 活動報告 発表内容
10:30-11:30 青年海外協力隊ルワンダOV会 アフリカ布の世界 アフリカ布で小物をつくるワークショップを開催します!アフリカ布は、日本ではあまり見かけないカラフルで魅力的な柄が特徴です! 皆さんも生活の一部に取り入れてみませんか?大人から子供まで楽しめます。ぜひお越しください!
11:30-12:30 青年海外協力隊 幼児教育ネットワーク 青年海外隊幼児教育隊員の活動
-かがやく瞳に魅せられてー
隊員活動の写真をDVDにまとめたものを紹介します。生活環境の異なるなか、現地の人と生活を共にしながら、乳幼児の子どもの教育・保育改善に努める姿や現地での生活の様子をお伝えします。
12:30-13:30 難民を助ける会〔AAR Japan〕 「ワタシが難民?お隣りさんがナンミン?」 もしあなたが難民になったらどうしますか?逆に、あなたの住む町に難民かもしれない人が来たら?日本では実感のわきにくい「難民問題」も、自分ごととして考えてみると、印象が変わるかもしれませんよ。